HOME > 古武術とは

古武術とは

古武術とは、古代原始から人間が生き抜くために考え発達した処世術であり、徒手空拳(素手)をもっておこなう格闘術を骨法体術といい、古代より相撲の原点である格闘術です。

相撲=角力と呼ばれた時代の突く・蹴る・極める(利かす=砕く)土台とした打・投・極の原点であり、軍事格闘術→武士角力であります。

骨法とは徒手空拳(素手で行う)技術であり、点・線・円・角を基本とした動きで、現代に通ずる物理学です。骨法より体術が派生し、また体術より柔術→教育的な意義をもった道を説くようになり柔道・合気道が派生しました。

また空手においては大陸より太極術・借力術と沖縄古代よりある角力=手などが精鋭され発達した技術でありますが、現在は教育的意義を持った体操となっています。

また忍法とは、武器法つまり武器・得物を持って行うことであり、これもまた点・線・円・角を基本とした動きとなっています。

古武道 古武術とは