HOME > 森拳心 Profile

森拳心 Profile


日本古式武術連盟 拳心會 森拳心

代表 森 拳心は、6歳より剣道・柔道をはじめ、13歳で沖縄剛柔流・小林流空手道尚進会 小川 廣司師範の門をたたき、24歳で師範となり、25歳から日本伝搬古武術や世界の武術の研究をはじめとする諸流派修行を実施。

33歳で田中 拳正(天心)宗家より日本古式武道協会会長・古傳骨法体術源流天心流18代目宗家・地念流剣術18代宗家となり、その後43歳で山本源次郎宗家より太刀流兵法免許皆伝の許しをもらいました。

その山本源次郎宗家より「今までの修行し会得した流儀を集合して行うべし」との言葉を頂戴し、地太刀兵法として、骨法・忍法・剣術・体術・柔術・槍・長巻・薙刀・懐剣術・二丁短刀・右手差し・暗器等他を行うこととなり、現在の拳心會にいたりました。